fbpx

【売上低迷と性転換モデル起用】ヴィクトリアズ・シークレットの葛藤

Fashion

(出典元:Victoria’s Secret)

本記事の内容

  • ヴィクトリアズ・シークレットの業績低迷
  • 性転換モデルをキャスティング
  • マーケティング担当からの性転換モデルへの批判

madeinjapan

ヴィクトリアズ・シークレットの業績低迷

victoriassecre
(出典元:Victoria’s Secret)

グローバルな人気と知名度を誇るヴィクトリアズ・シークレット(Victoria‘s secret)。根強いファンも多いヴィクトリアズ・シークレットではありますが、ヴィクトリアズ・シークレットのここ最近の年間販売データによると、ファン離れが進んでいるともいえるかもしれません。

今年の2月、投資者との電話ミーティングを通じて、最大でアメリカの53店舗を閉店すると発表しました。

また、ヴィクトリアズ・シークレットの親会社である、アメリカの下着と美容ビジネスの大手L-Brandsのマネジメント層が、「ブランドの全てがまだ検討中である」と発表しました。「なんの制限もありません。財務上の制約や制限はないので、いろんな考えができます。」ともコメントを残しています。

以前、L-Brandsが発表した2018年度の決算報告によると、ヴィクトリアズ・シークレットの影響を受け、グループの収益力は再び低下し、通年調整前の純利益は、同期比で34%ダウンの6.44億ドルまで下落し、アナリストの予想に及びませんでした。

かつて一世を風靡したビヴィクトリアズ・シークレットのテレビ番組は去年、視聴率の最低を更新。報道局のデータによると、18歳から49歳の視聴者の視聴率は1.5%、視聴者数は500万人も満たない。ピーク時代の数千万人の視聴者数とは比べものになりません。

性転換モデルをキャスティング

victoriassecre
(出典元:Victoria’s Secret)

一方で、ヴィクトリアズ・シークレットは、初めて性転換モデルをキャスティングし、迎えいれることになりました。

2019年8月2日、ブラジル生まれの性転換モデル、ヴァレンティーナ(Valentina)が「PINK」シリーズのイメージキャラクターの撮影を行っている事が明らかになりました。彼女はブラジルの小さい漁村で生まれ、8歳の時に性転換手術をしました。

ヴァレンティーナはSNSでこのニュースを発表し、撮影中のバックステージ写真もアップしました。

彼女は初めてVOGUEの表紙に登場した性転換モデルでもあり、ファッション界の壁を打ち破ることになったといえます。

ヴァレンティーナの父はブラジルの漁師、母は教師であり、小さい時からトランスジェンダー差別を受けた事がないと話しています。

「8歳の時、母に精神科医に連れられました。その時から私はもう女の子と一緒に遊ぶのが好きでした。自分も彼女達の一員だと思ってます。人形もいっぱい集めてました。」

「先生は私はトランスジェンダーだという事を知ってました。12歳の時に自分をヴァレンティーナと呼んでくれるようになりました。最初にこの名前を聞いた時からとても美しい名前だと思ってます。」

ヴァレンティーナ自体も、インタビューでこのように答えています。

マーケティング担当からの性転換モデルへの批判

victoriassecre
(出典元:Victoria’s Secret)

また一方で、昨年、ヴィクトリアズ・シークレットの市場マーケティング担当のトップの一人であるエド・ラザック(Ed·Razek)はインタビューに対し、「ヴィクトリアズ・シークレットは性転換モデルをイメージキャラクターに使うべきではない」と述べ、論争を呼びました。

エド・ラザックは「私たちが全ての顧客の要求を満足させることはできないと私は思います。私たちはブランドであり、百貨店ではない。私たちは客にマーケティングをするのであり、商品を全世界に売るのではない。性転換モデルを使うべきではないと私は思います。ファッションショーは夢であり、42分間のエンターテインメントなのです。」と発言。

報道によると、これらの発言はリアーナ(Rihanna)などのスターやAerirとThird Loveなどの競合相手からの批判を引き起こし、ラザックのコメント発表の数日後に、自身のコメントに対して釈明しました。

起用についてはさまざまな議論があって然るべきなのだとは思いますが、この騒動や混乱も、今の業績低迷を表しているのかもしれません。

Michelle(林雪深)
※編集サポート 兒玉キミト

人気記事中国で大型業務提携を発表!【アレキサンダーワン】

人気記事中国のアパレル展示会は日本と全然違う【進出したいブランド必見】

Youtube動画【アパレル】中国(海外)から見た【Made in Japan】