fbpx

Fashion

以前も当WFNの記事にさせて頂いた、「日本のインナーダウンウェアブランドTAIONと中国セレクトショップDOEとのコラボアイテム」。11月2日に上海のDOE新天地店で行われたPOPUPイベントのムービーが仕上がってきました。是非ご覧下さい。

Fashion

上海ファッションウィークのランウェイの現場では、2020SSも視覚的にインパクトのあるアイテムがとても多く目に付きました。カラー、ファブリック、スタイル、アクセサリー、テキスタイルなど様々な要素において、自由なアイデアが採用されていました。

Fashion

日本のインナーダウンウェアブランドTAIONが、今度は中国のセレクトショップDOEとのコラボアイテムを発売しました。今回は、TAIONの上位ラインである、セルフヒーティング機能を持つTAION EXTRAとのコラボ。左胸に位置する三角のボタンを押すだけでダウンジャケットが暖まるTAION EXTRAの機能はそのままに、DOEのボックスロゴや独自のエックウォーマーをデザインに落とし込んでいます。

Fashion

上海ファッションウィーク期中の中国屈指のファッションイベントであるLABELHOOD。中国のファッション関係者で知らないものはいないともいえるこのイベント。今回は2020SSシーズンが開かれ、上海浦東の八万吨筒倉に22人の新鋭デザイナーが集結しました。

Fashion

東京のファッションウィークに先立ち開催された上海ファッションウィーク。様々なカルチャーやシーンが混ざり合い、多様性に富んだ上海のファッションシーンは、今まさに変革の時を迎えている。欧米や日本のファッションシーンとは一線を画し、独自の進化を突き進む中国マーケットの最新トレンドとは?

Fashion

2019年9月、上海之禾ファッショングループ(以下、之禾グループ)傘下のハイエンドアパレルブランドICICLE初の海外旗艦店が、パリの有名なストリートであるジョージ五世ストリートに正式にオープンしました。之禾グループにとって、今回ICICLEジョージ五世旗艦店の開業には重大な意義があり、グループがグローバル強化計画としての新たな一歩とも言えます。

Fashion

2019年9月、GAPが西安の首創アウトレットで新店をオープンしました。この店舗はGAPにとって西安で7番目の店舗となります。この店舗のオープンに伴い、GAPブランドが中国エリアで運営している店舗の総数は初めて200店を突破することとなりました。

Fashion

今季も上海ファッションウィーク期中、10月10日から10月13日にかけて中国最大級の展示会Ontimeshowが上海のアートエリア内WEST BAND ART CENTERにて開催された。今シーズンも前回同様、中国国内のファッション業界関係者を中心に2万人以上の来場者が会場を訪れた。

Fashion

「FURUGI-NI-LACE(古着にレース)」からブランド名を改め、Rakuten Fashion Week Tokyoで初ランウェイを開催した「SREU(スリュー)」新ブランド名の「SREU(スリュー)」はS(Sustainable) RE(Recycle) U(Upcycle) を繋ぎ合わせた造語だとデザイナーの植木氏は語る。今回は初ランウェイショーのリハーサルを含む舞台裏に密着した。

Life

漢光百貨(汉光百貨)の自社編集型セレクトショップ「漢光家居精選」は、お客さんが自分の好きな組み合わせで独特の個性を自宅で表現できるよう、世界各地からデザイン性がありかつ実用的な家庭用品を集め、2019年9月に新しくオープンしました。