fbpx

上海ファッションウィーク2020春夏にみるLABELHOODの未来

Fashion

(出典元:LABELHOOD)

本記事の内容

  • 中国の最先端が垣間見える【LABELHOOD】
  • 学生にとっての貴重な発信の場としての側面
  • 【NIKELAB】持続可能なファッション理念

madeinjapan

中国の最先端が垣間見える【LABELHOOD】

labelhood
(出典元:LABELHOOD)

上海ファッションウィーク期中の中国屈指のファッションイベントであるLABELHOOD。

中国のファッション関係者で知らないものはいないともいえるこのイベント。

今回は2020SSシーズンが開かれ、上海浦東の八万吨筒倉に22人の新鋭デザイナーが集結しました。今シーズンは「OUT OF WORLD」をテーマとして、ファッションの壁を壊し、新しく美しい世界を強く表現しました。

提案しているプロダクトも世界観も、来場者さえも、その空間をとりまく全てのものが独自の個性を発信していたといえます。

ここ数シーズン、上海ファッションウィークの重点プログラムのひとつとしてLABELHOODは、常にそのオープンマインドな姿勢でファッション業界とエンドユーザーたちに向けて発信し続けています。LABELHOODは、グローバルファッションと中国オリジナルデザイン、そしてマーケットと若者の考えをつなぐコミュニティプラットフォームになるように努力し続けています。

今回のLABELHOOD 2020SSシーズンは、メインとなる展示スペースに前述の22人のデザイナーたちによる作品が展示されています。

中にはSensen Lii、王逢陈などの、中国で中堅と呼ばれるデザイナーの作品もあれば、YUEQI QI、SUPERR、LUCENCY、SONGTAなど、今回が初参加となるニューカマーなブランドもあります。彼らのコンセプトは、マルチリズム、ノージェンダーなど、既成概念にとらわれないファッションをもたらし、「壁を破る」と言う今シーズンのLABELHOODのテーマと完璧に融合しました。

学生にとっての貴重な発信の場としての側面

labelhood
(出典元:LABELHOOD)

LABELHOODは学生たちにとっても新しい展示プラットフォームとしての機会になっています。Labelhood Youtopiaで選ばれた12人の学生デザイナーの作品を会場で展示。

これらのデザインはまだまだ未熟ともいえるかもしれませんが、若さと無邪気さという輝きに満ちています。彼らは、LABELHOODにとって新しい種であり、未来を支える役割の一端を担っていくのかもしれません。

【NIKELAB】持続可能なファッション理念

labelhood
(出典元:LABELHOOD)

また、今回のLABELHOODの館内では、NIKELABの姿も。

「AGAIN」という言葉をテーマに、古着や古靴をベースに「リメイク」作品を作り、持続可能なファッション理念を提唱していました。いわゆる、NIKELABが提唱するNIKELAB解釈のサスティナビリティ。

また、今シーズンのLABELHOODオフィシャルグッズはヴィンテージと未来感を兼ね備えた提案になっていて、彼ららしさを表現する手段のひとつとしてうまく昇華されていました。

展示会でもあり、インスタレーションイベントでもあり、サロンでもある不思議な場であるLABELHOOD。

今の中国に欠かせない「場」として、ますます注目です。

Michelle(林雪深)
※編集サポート 兒玉キミト

人気記事【中国独自のファストファッションブランドURBANREVIVOの秘密】

人気記事中国のアパレル展示会は日本と全然違う【進出したいブランド必見】

Youtube動画【アパレル】中国(海外)から見た【Made in Japan】