fbpx

新しい売り方で苦況の商戦を乗り切る中国大手アパレルPEACEBIRD(太平鳥)

Fashion

(出典元:PEACEBIRD オフィシャルWeChat)

オンライン販売での売り上げが半分以上を占めた

中国大手アパレルグループのPEACEBIRD(太平鳥)が、2020年3月5日から3月8日の女王節(婦女節)キャンペーンの結果、期間中の販売額が2.46億元(約38億円)を突破したことを発表した。

さまざまなアパレルカテゴリで展開を拡げる同社だが、ウイメンズだけでも1億元(約15億円)を突破したとのこと。

キャンペーン期間中はさまざまな販売チャンネルで展開したが、その中でもWeChat内の販売ミニプログラム及びライブストリーミングなどの近年開発された新しい販売方式が好調で、全体の半分以上を占めたという。

新型コロナウィルスの影響で実店舗の営業が制限されていた中、オンライン上での「新しい売り方」を開発してきた結果といえる。

新型コロナウィルスによる中国の小売マーケットへの悪影響はこれからも数ヶ月は続くし、その中で淘汰され、縮小や倒産を余技なくされる企業も多数出てくると思われる。

ただそんな状況だからこそ、新しい売り方が開発されていくことにも注目していきたい。

兒玉キミト

人気記事たくましく回復を目指していく中国ダウンジャケットブランドOrolay

人気記事上海ファッションウィークがアリババグループTmallでのオンライン開催を発表

Youtube動画【アパレル】中国(海外)から見た【Made in Japan】