fbpx

“色”から見る上海ファッションウィークのトレンド【今年外せない4つの色とは?】

Fashion

(出典元:上海时装周2020)

madeinjapan

年々熱を帯びてきている上海ファッションウィーク

ランウェイの現場では、2020SSも視覚的にインパクトのあるアイテムがとても多く目に付きました。

  • カラー
  • ファブリック
  • スタイル
  • アクセサリー
  • テキスタイル

など様々な要素において、自由なアイデアが採用されていました。

これは今季の上海ファッションウィークのテーマ「感知多源」ともあいまっています。「感知多源」の公式解釈は、「感知」はアイディア、認知を意味し、一方で「源」は源、つまりソースを遡り、さまざまな異なる角度から人間の限界と想像力に挑戦し、デザイン分野における無限のクリエイティビティを推し進めていくことを意味してます。

その影響を受け、今季の上海ファッションウィークのアパレルブランドはヴィンテージ、シュールレアリズム、ジェンダーレスなどさまざまなテーマの中で、これまで以上に大胆な色使いに挑戦していました。

色は、ご存知のとおり、人々が最も直観的にファッションのトレンドを感じることのできる要素の一つです。
» 参考:中国レディースアパレルトレンド【ファッションウィークから読み解く】

上海ファッションウィークの2020SSシーズンの多くのブランドはインパクトのある色を採用していました。

ミントグリーンの爽やかさ、イエローのエネルギー、水色の透明感と柔らかさ、ピーチピンクの甘さなど、各ブランドは色に対しての自分たちの見解と分析をアイテムに投影させていました。

ミントグリーン

shanghaifashionweek

shanghaifashionweek

shanghaifashionweek

shanghaifashionweek

shanghaifashionweek
(出典元:上海时装周2020)

ミントグリーンは、今季の上海ファッションウィークで一番頻繁に使われていた色の一つと言えます。明るさ、新鮮さが溢れて、春夏にとても適した色です。X-LYNN 2020SSはいろんな色と生地をつなぎ、色の組み合わせを強調していました。

同じミントグリーンの中では、XUZHIの表現により深みを感じられました。ミントグリーンが柔らかい生地の中に組み込まれることで、粘り強さとしなやかさが増しています。

生地のつなぎ合わせの中にも、色の配合を表現しています。白と緑が一緒になって、爽やかさが無限に広がります。メンズもレディースも、ミントグリーンを使うことで夏の若々しさを強調させていました。

W.RONGは蛍光グリーンを活用することでより多くのアイデアを投げかけていました。

ペールブルー

shanghaifashionweek

shanghaifashionweek

shanghaifashionweek

shanghaifashionweek
(出典元:上海时装周2020)

彩度の強すぎないペールトーンのブルーも爽やかな色ですが、ミントグリーンよりもさらにロマンチックでエネルギッシュな印象を受けました。

また、各ブランドのランウェイショーでのペールブルーの使い方は、あくまでただの強調ではありませんでした。AT-ONE-MENTはソフトな薄絹のワンピースにペールブルーを使い、柔らかい生地が柔らかい色に重なることで、甘くて優雅、清爽で夏の心にしみる氷のようです。

X-LYNN 2020SSのペールブルーはさらに視覚を刺激し、ワンピースやシャツはペールブルーをより強調し、しわの入った袖カバーはラインの構造をより強調させることで、颯爽とした高級感を与えていました。

SHANGMUYEは、レザーにも取り入れることで生地と色味によるデザインの多様化を表現していました。

イエロー

shanghaifashionweek

shanghaifashionweek

shanghaifashionweek

shanghaifashionweek
(出典元:上海时装周2020)

イエローはこれまでも上海ファッションウィークではよく使われるカラーでしたが、2020年のランウェイショーではさらにイエローを活用するブランドが増えていました。

FLONAKEDは今回、ミニオンとのコラボを発表しています。もちろん、イエローがショーのメインカラーとなり、鮮やかなスタイリングの中に、牡丹の花や石の手すり、金属の鳥かごなどの小物も組み合わせ、ラグジュアリーなテイストを表現していました。

EDI.ZLINGFENGはユニセックスなスタンスの中でイエローをあしらい、ブランドの「ジェンダーレス」なコンセプトにもマッチしています。

X-LINNのイエローは優しくかつ濃厚ですが、下品にはならないトーンを貫いていました。花柄で濃厚なヴィンテージ感と高級感やパッションがあふれているシーズンだといえます。

ピーチピンク

shanghaifashionweek

shanghaifashionweek

shanghaifashionweek
(出典元:上海时装周2020)

ピーチピンクは桜のピンクより少し乳白色がプラスされていて爽やかさや少女感が強調され、甘さと可愛さの要素を加えています。BronzeLuciaの発表会では大量のピーチピンクカラーが使われていました。

中国でOLのオフィスカジュアルとして人気のLILYは、ピーチピンクとスーツスタイルを組み合わせて、オフィスシーンにも甘さを提案する形となっていました。

MESUXのピーチピンクは柔らかくて甘く、割とストレートに女性らしさ、少女らしさを表現するランウェイになっていました。

毎シーズン変化の大きい上海ファッションウィークのランウェイですが、色の角度から眺めてみるのもひとつの捉え方、そして楽しみ方といえます。

Michelle(林雪深)
※編集サポート 兒玉キミト

人気記事【1990年代生まれが牽引】中国のファッションマーケット

人気記事【センス抜群】中国のセレクトショップはこれだけ進化してきている

Youtube動画【アパレル】中国(海外)から見た【Made in Japan】