fbpx

ヴィクトリアズシークレットが香港最後の旗艦店を閉店

Fashion

(出典元:Victoria’s Secret)
ランジェリーや香水などで知られるアメリカブランドVictoria’s Secret(ヴィクトリアズシークレット)が、香港のコーズウェイベーエリアの旗艦店を閉鎖した。

観光客の大幅な減少と新型コロナウィルスCOVID-19による経済損失が原因としている。

6月24日、Victoria’s Secret(ヴィクトリアズシークレット)の店舗入り口に一枚の閉店通知が貼られた。通知によると、店舗は閉めるものの、グローバルサイトでの購入は継続できるとのこと。

5階建てのこの店舗は、香港エリアにおける最後の店舗だった。2018年7月にオープンし、その4600平米を超える巨大面積と繁華街の立地が大きな話題を呼んだ。その一方でテナント賃料は700万香港ドル(約9700万円)にものぼるとされ、経営が不安視される声もあがっていた。建物のオーナーとは10年契約を結んでいるため、契約はまだ8年近く残っているがその違約金や解約金については詳細は発表されていない。

香港では、J.CrewやFolli Folli、PRADAなど、旗艦店の閉店が相次いでいる。

Michelle(林雪深)
※編集サポート 兒玉キミト

人気記事欧米と中国の小売の現場から見えてくる「コロナドリブン」の時代

人気記事【中国ブランドJNBYがオーストラリア・メルボルンに出店】

Youtube動画【アパレル】中国の小売の店舗状況