fbpx

ビーチサンダルブランドHavaianas(ハワイアナス)【ネットと実店舗の両軸で中国市場開拓】

Fashion

(出典元:havaianas官方旗舰店)
昨年2019年、ブラジルのビーチサンダルブランドHavaianas(ハワイアナス)は中国マーケット進出の第一歩としてオンラインを選択した。

2019年7月にアリババグループのTmall(天猫)オンラインモールに出店したのを皮切りに、 JD(京東)オンラインモールにも旗艦店を出店した。

オンラインでの安定的な成長を続ける一方で、今年2020年4月からは、華北、華中、華西の重点都市にポップアップショップ型の店舗を開設している。

また6月末には海南三亜エリアにて中国一店舗となるオフラインの旗艦店を出店予定で、これにより改めて正式に中国国内旅行リテールマーケットに参入していくこととなる。

オフライン(実店舗)で中国の消費者によりよいショッピング体験を提供することで、オンラインでの購買の増加にも繋げていく狙いだ。

Havaianas(ハワイアナス)のアジア太平洋地区のジェネラルマネージャーであるRobert Esserは、「中国マーケットはHavaianas(ハワイアナス)にとって具最も重要なエリアのひとつ。2020年の初めはグローバルマーケットにとって低迷が続いたが、3月末から中国マーケットは世界に先駆けて消費水準が回復していきている。

これは中国の消費者のエネルギーとポテンシャルを改めて感じる現象であり、Havaianas(ハワイアナス)は中国マーケットに深く入り込んでいく絶好の機会と考えている」と示した。

また、Havaianas(ハワイアナス)は若者世代によりフォーカスしていくために、1995年生まれで次世代の人気女優である宋妍霏をイメージキャラクターに起用し、6月以降は中国版tiktok(抖音)内でのプロモーション活動も行っていく予定。

Havaianas(ハワイアナス)の中国マーケットでの鼻息は荒く、これから益々伸びていく中国のビーチマーケット、リゾートマーケットでの挑戦は続く。

兒玉キミト

人気記事【中国で本家Supremeがついに商標取得に成功】偽物店舗も閉鎖へ

人気記事【アジアのHUBは未だ東京か?】“TOKYO” FASHION WEEKを通じて考える

Youtube動画【アパレル】中国の小売の店舗状況