fbpx

【DESCENTE(デサント)が中国での業績好調】中国子会社の出資比率を引き上げへ

Fashion

(出典元:迪桑特-DESCENTE-中国官方网站)
スポーツ用品ブランド大手のDESCENTE(デサント)は5月22日に、中国で「DESCENTE(デサント)」ブランドを展開する合弁会社Descente China Holding Limited(以下略 デサントチャイナ)への出資比率を1割引き上げる協議を進めていると発表した。

6月下旬までに現在30%の出資比率を40%に引き上げる契約の締結を目指す。

持ち分法適用会社に変わりはない。DESCENTE(デサント)はもともと国別の業績としては韓国が規模最大の企業だが、ここ数年、中国でのブランド展開を加速している。

デサントチャイナは2016年に設立、2017年に正式に中国市場へ参入。中国スポーツ用品ブランド大手の安踏体育用品(ANTA)子会社が6割、デサントの子会社が3割、伊藤忠商事の子会社が1割を出資している。

ANTAの後押しもあり、DESCENTE(デサント)の中国市場での直営店は2019年12月時点で136店舗となり、事業計画も前倒しで進んでいる。

将来的には、中国市場での1000店舗も視野に入れている。

兒玉キミト

人気記事【白熱する中国のドメスティックスポーツアパレルブランドたちの戦い】

人気記事李宁(リーニン)パリファッションウィークに登場【中国アパレル】

Youtube動画【アパレル】中国の小売の店舗状況