fbpx

タグ:Japanが付いている記事一覧


Fashion

「今」を結ぶファッションの展示会をテーマに 、クリエイティビティとビジネスマッチングの両方を兼ね揃え、「ファッション=楽しい」の原点を思い出させるファッションの合同展示会、PROJECT TOKYO。今シーズンは会場を渋谷ヒカリエに移し、20ヶ国、合計約250ブランドが出展。

Fashion

発信力、影響力といった点においてはジャーナリストよりもインフルエンサーの方が優れており、ファッションビジネスにおいても重要な役割を担っています。著名人よりもギャランティは安いが影響力はある。無論ファッション業界もこれらを用い、展示会やランウェイショーへ招待し、その影響力の恩恵を受けるビジネスモデルを推進してきました。

Fashion

ファッションブランドにまつわる付加価値や、イメージを左右するファッションジャーナリストの存在。ここ十数年の間に、その存在は情報社会における環境の変化や購買方法の変化に伴い、それ本来の姿にさえ影響を及ぼしています。最新のランウェイもすぐにインターネット上で確認が出来ます。

Fashion

世界のファッション都市・TOKYOをベースに活躍する若手デザイナーの国内外のビジネス支援を目的としたコンペティション『Tokyo新人デザイナーファッション大賞』2019年度プロ部門において大賞となる東京都知事賞を受賞したPORTVELデザイナー 濵田 博昭。群雄割拠のファッションシーンで同ブランドが目指す、今後のブランドの展望とは?

Fashion

ファイナリスト14組によるプレゼンテーションを経て8/10(土)にグランプリが発表された「big design award」big株式会社は今後、次世代を担うクリエイターに向け、ファッションビジネスをスタートさせる環境の提供を含めた継続的なサポートプログラムを予定。

Fashion

賞金総額700万円 アジア最大級のファッションコンペティション『big design award』同コンペティションの最終審査及び授賞式がワールド北青山ビルで開催された。big design awardはファッションに対して新鮮な想像を持つデザイナーへ向けた、グローバルにファッションを展開していくためのアジアを拠点とした国際的なコンペティション/プラットフォーム。

Fashion

7/24(水) PROJECT TOKYO主催の元、日本ブランド、企業が中国に進出するために必要なノウハウを提供する講演会が行われました。日本のブランドや企業が中国に進出する際のステップとして外すことのできない合同展示会。昨シーズンの合同展示会に出展したブランド数は約120、10シーズン前までは約10ブランドでした。

Fashion

2019年4月、国内No.1クラウドファンディング「CAMPFIRE」グループが活動第一弾として賞金総額700万円 アジア最大級のファッションコンペティション『big design award』の公募を開始した。来たる8/9(金) , 8/10(土) big (-bold innovation group-) design award最終審査を前に本コンペティションの概要を振り返りたいと思う。

Fashion

ファッション先進国をはじめ、海外での“Made in Japan”は確かに好意的ではあるものの、それが理由となってバイイングに至るということはほとんどありません。逆を言えば日本ではマイナスブランディングになるであろう生産国を言葉にしたところで、ネガティブなリアクションには至らないということです。

Fashion

世界的に見ても日本は古着屋の多い国です。これは遡ること数十年前のブームから始まり、2019年現在においてはもはや“古着”という選択肢はスタンダードとなりました。日本国内ではそれ程驚くような事象ではないかもしれませんが、これらは“セカンドハンド”に対する知識や価値観、つまり国内マーケットの成熟の上に成り立っています。