fbpx

タグ:Japanが付いている記事一覧


Fashion

藤原ヒロシ氏によってGinza Sony Parkでプロデュースされたコンセプトショップ"THE CONVENI"(通称コンビニ)が、中国大陸でポップアップを行うことが発表された。今回中国で開催されるのは北京、上海、成都の3箇所。

Fashion

KMT INC.が手がけるアパレルブランドKMT DESIGNが中国LAWSONと手を組み、コラボレーションマスクを発売した。抗菌性があり、かつ着用時に清涼感のある生地を採用しており、何度も洗っての使用も可能。

Fashion

日本でもコロナウイルスによる緊急事態宣言の発令直後から頻繁に協議され、その必要性が謳われたオンライン、デジタルへのシフトチェンジ。世界各国でその必要性が改めて認識され、コロナウイルスが収束した後でも、それまでに作り上げられたモデルは現代社会と共存していくであろう。

Fashion

ビフォアコロナの世界ではファッションウィークという大きなうねりの中で、多少の時差があるにせよトレンドやビジネスモデルはグローバル社会の中である程度共有されてきた。現在のように世界を自由に渡航出来ない時期が長くなればなる程、インバウンドによる収益に期待することは難しく、内需に頼ってビジネスを続けていくこととなる。

Fashion

以前、海外マーケットにおいての"Made in Japan"の付加価値については言及したが、現在の中国マーケットにおいて"Made in Japan"は一種の弊害になっているとの見方を示すバイヤーも少なくない。

Fashion

雑貨販売店のロフト(LOFT)が、2020年7月をめどに上海市に中国1号店を出店する。海外ではタイでフランチャイズ展開しているが、直営店は初めてとなる。新型コロナウィルスの影響は大きいものの、中国を有望な成長市場と見込み、2023年までに中国で6店舗の出店を目指すとのこと。

Fashion

3/19(水) にランウェイショーを予定していたSREUはこの日、会場となるはずだったワールド北青山ビル1F 正面広場にてオリジナルデザインのマスクを約300枚、無料配布した。

Fashion

「エレガントやスタイリッシュさというものを意識している。"リメイク"というワードのイメージを覆したい。」2020A/Wシーズン、Rakuten Fashion Weekでのランウェイショーに向けて着々と準備が進む中、今回はスタイリングを担当する山内氏とデザイナーの植木氏に話を伺った。

Fashion

2020S/S Rakuten Fashion Week TOKYOでブランド初となるランウェイショーを開催したSREU。ランウェイショー終了直後から次のシーズンのコレクション製作に取り掛かり、3か月後にはパリでプレコレクションの展示会を開催した。それとほぼ同時期の1月後半、都内某所の古着倉庫にSREU デザイナー植木氏とデザインチームの姿があった。

Fashion

日本のインナーダウンウェアブランドTAIONが、今度は中国のセレクトショップDOEとのコラボアイテムを発売しました。今回は、TAIONの上位ラインである、セルフヒーティング機能を持つTAION EXTRAとのコラボ。左胸に位置する三角のボタンを押すだけでダウンジャケットが暖まるTAION EXTRAの機能はそのままに、DOEのボックスロゴや独自のエックウォーマーをデザインに落とし込んでいます。