fbpx

タグ:Japanが付いている記事一覧


Fashion

日本のブランドの多くは“クラフトマンシップ”が魅力、購買理由に繋がるのを分かっていながら、この数十年それを軽視してきました。今日現在においても、日本のブランド、企業、メーカーが国内工場に対してフェアに取引しない商慣習が根強く残っている為に、工場側が収益を得るためにキャパシティ以上の発注を受け、納期が遅れる等の事案が往々にして発生しています。

Fashion

ラフォーレ原宿 2F CONTAINERにてスタイリスト相澤 樹を中心に総勢15ブランドからなるPOP UP SHOP 「ゼンブスキデナニガワルイ」が開催され、2/28(木) - 3/8(金) の9日間大盛況のうちに幕を閉じました。日本国内だけでなく、ロンドンに拠点を置くブランドや、フランスや中国、台湾に進出しているブランドも集結。

Fashion

日本国内の1/3が高齢者「2040年には総人口の35.5%が高齢者になる見通し」すぐそこまで迫りくるこの少子高齢化社会において、シニア・シルバー世代は年を取ってからもお洒落を楽しみたいと考えているもの、それに見合うブランドがない、商品がないといった方も多く存在しているのではないでしょうか?

Fashion

“ファクトリーブランド”というとどのようなイメージを抱くだろうか?海外のファクトリーブランドというとスーツやテーラードに類するブランドを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?本記事では日本のファクトリーブランドの現状と課題。後半では新たな可能性について解説します。

Fashion

ファストファッションやそれに準ずる“薄利多売ビジネス”の隆盛。近年では低価格化への対極として高原価率、高品質を誇るアパレルブランドやメーカーも誕生しています。しかし審美眼、見識、見る目を養う機会を奪われた消費者を動かすのは並大抵のことではありません。

Fashion

インフルエンサーらがこの数年で作り上げた日本のファッションビジネスモデルは、方法としては確かに新しいものではあるが、根幹部分にある価値観を再度表面化させただけに過ぎません。B to Bのみならず様々なビジネスモデルが乱立してきているこの時代、ファッションビジネス自体も新たなフェーズに突入している。

Life

「PayPay」とは、ソフトバンクグループのソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVJ)が投資するインド最大の電子決済サービス「Paytm」の技術を受けたサービスです。これまではモンテローザグループの飲食店が主な利用可能先でしたが、ファミリーマートや旅行代理店のH.I.S、そしてビックカメラやヤマダ電機、エディオンなどの量販店も利用可能となり、利用の幅が広がりました。